意外と知らない、イビキと睡眠薬の関係とは?

イビキに関係の深いもので意外と知られていないのは、睡眠薬です。うつ病に処方される、トランキライザーも関係があります。

最近では「寝付きが悪い」「疲れが取れない」といった理由でも睡眠薬が処方されたりするケースもあるようですが、避けたほうが賢明です。

睡眠薬は、筋弛緩作用がありますので、上気道の筋肉を緩んだ状態にします。これが原因で、イビキをかくようになったり、酷くなったりということがあります。

もっとひどい場合だと、睡眠時無呼吸症候群になったりします。こうなってくると、睡眠薬を飲まないほうがいいと言わざるを得ません。

加えて、お酒を飲んだりしてしまうと本当に危険です。

イビキは生活習慣の改善や、トレーニングで改善できます!

睡眠薬は、余程のことでない限り、飲まないほうが良いと思います。少し寝付きが悪かったり、疲れが取れにくいようでしたら、当サイトでも安眠法を少し紹介していますのでご参考にしてみてください!

それから、イビキは、生活習慣の改善で軽くしたり治したりすることも可能です。

筋肉が緩んでしまって、上気道が狭くなるのがイビキの直接的な原因ですので、周辺の筋肉や呼吸の仕方をトレーニングで改善することで、ほとんどのイビキは治してしまうことが可能です。

当サイトでも改善法を紹介していますので、ご参考にしてみてください!