いびき用マウスピースはチョット待った!【注意点・危険性・効果とは?】

いびき対策グッズは数多くありますが、マウスピースはかなりポピュラーな方ではないでしょうか。

しかし、なかには「効果があった!」という方も居らっしゃいますが、ほとんどの方はすぐに諦めて使わなくなってしまうようです。

その原因や注意点をまとめてみましたので、購入前に、是非参考にして下さい。

本来は歯医者さんで作ってもらうもの

マウスピースは、楽天市場などで購入するものだと思っている方が多いですが、本来は歯医者さんで作ってもらうものです。

睡眠時無呼吸症候群だと診断されれば、保険適用もされます。

保険適用なしであれば5万円前後かかるのですが、3割負担なら15,000円程度ですみます。

自分専用にプロに制作してもらったものになりますので、装着時の違和感も少なく、一定の効果が期待出来ます。(およそ1/3~2/3程度の方が改善されます)

数ヶ月に1度買い換えますので、年間出費は数万円になります。

ネットショップなどで購入できるものは”簡易型”

お湯で温めて変形させるものや、そのまま装着するものなどありますが、いずれにしろ楽天やアマゾンで購入できるものはすべて簡易型だと思って下さい。

装着感が悪かったり、耐久性が低かったり、効果があまりなかったりと、かなりのばらつきがあります。

しばらく使っても、装着感が悪いせいでかえって不眠になってしまったり、寝てる間に外れたりヨダレが垂れてしまったりと、様々な問題が起きがち。

稀にですが、破片を飲み込んだりする危険性も・・・。

このような理由で、途中で使わなくなってしまう人が多いようです。

結果的に、経済的にも負担が大きい

歯医者で作ってもらうものでも、自分で購入するものでも、いびき用マウスピースは消耗品。

自分にあったものを見つけても、数ヶ月に一度は買い換える必要があります。

また、自分で選ぶ場合は取っ替え引っ替え買い換えた結果、気に入るものに出会うまでに既に数万円の出費になっている場合も。

ですので、安いと思っていても結果的に何万円もの出費になっているものです。

なんだかネガティブな感じになりましたが、一概には言えませんが自分にあったものが見つかれば効果はあるものです。

こういったことを踏まえた上で、ご使用を決定されてはいかがでしょうか?

ちなみに、当サイトではいびき用マウスピースの使用はあまり推奨していません。

おすすめなのは、イビキを根治するトレーニング法です。

オススメするのはいびき改善トレーニング

そもそも、イビキというのは呼吸が気道にある粘膜を震わせて出る騒音ですので、マウスピースの効果が感じられないことも多々あります。

ですが、逆に言えばイビキの原因は明白であり、しかも対策が可能です。

軟口蓋が下がり気味になっていることを、呼吸法の改善や、鼻腔内部の筋力強化などにより解消できれば、自ずとイビキは治るのです。

幸い、イビキの解消法を分かりやすく説明したマニュアルがインターネットでなら手に入ります。

種類はたくさんあるのですが、当サイトでは比較・検証して、信頼出来るものだけを紹介していますので、是非ご参考にして、こういった方法にも取り組んでみて下さい。

根治が期待出来ますし、金銭的にもかなりオトクです。

→信頼出来るいびき解消法 比較コーナーはこちら

あなたもイビキを改善して、健やかな眠りを手に入れられることを心より願っています。